化粧水でクマ予防

毎日きちんと洗顔後に化粧水を付けていても、肌の状態がよくないと感じる事は多いです。

きちんと肌のお手入れをしていても体調の変化などによって肌の状態は毎日変化しているからです。睡眠不足、暴飲暴食、疲れやストレスを感じている時はお肌も疲れた状態になっています。

睡眠不足で気になるのが目の下に出来てしまうクマです。大切な日に限ってお化粧をしても目立ってしまうクマがあると憂鬱ですよね。

クマが出来ている時は目の下の血行状態が悪くなっている時ですから、まずは蒸タオルを目の上においてリラックスしてください。蒸タオルの作り方はとても簡単です。

タオルを濡らしてラップに包んで電子レンジでOKです。熱すぎると肌に負担をかけてしまいますので、少し熱いかな~という程度にしてください。

目の周りを優しくマッサージ等すると効果的です。その後には目に入らないように目の下の部分だけに、蒸タオルに化粧水つけてしばらくパック状態にすると良いです。

また専用の化粧水用のパックシートなどを使ってたっぷりと化粧水をつけて使うと肌に浸透してみずみずしくなります。

体の調子がいまいまちの時には肌の調子も良くないものですから、日頃からしっかりと睡眠をとる事が大切ですが、いざという時の応急処置として蒸タオルや化粧水のパックは良いと思います。

 

化粧水の適量は?

若い頃から良く聞くのは化粧水は安いもので良いのでたっぷり使用するべき!という言葉。はたして実際には質よりも量なのでしょうか?

化粧水という名前で売られているスキンケアは数えきれないほどのメーカーから数えきれないほどの商品があり専門家の方でもすべてを把握する事は不可能です。

安いものでは100円ぐらいから高いと何万といった高級化粧水もあります。

高級な化粧品ほど良いとは言い切れませんが、専門家がとことん研究して開発され作られた商品は値段が高くなってしまうのも仕方いなと思います。

量に関して言えば良質な化粧水をたっぷりつけるのは理想的ですが、しっとり度が高いものなどをたくさん使用してしまうのも問題ですね。

ニキビが出来やすいお肌の方の場合はスキンケアのオイルもニキビを悪化させてしまう事もあります。

化粧水の説明に量は具体的に書かれていない場合が多く、みなさん自分の中のこのくらいかな~とう量を使用されていると思います。

ポンプ式などの場合は1プッシュ2プッシュと記載がありますね。ですので化粧水の適量は肌がのすみずみまで潤う量という事で、個人差がありますのでやはり自分で調整するしかありません。

 

化粧水の役割

毎日何気なく使用している化粧水。お肌にとって大切で必要だという事は分っていても、実際どのように大切なのか理解していない方も多いのではないでしょうか。

化粧水は洗顔後のお肌に水分を与える役割りがあります。毎日のホコリや汗、皮脂といった汚れを洗顔によって落とす必要があります。

その際に水分や油分まで落ちてしまうので、洗顔後のお肌はとてもデリケートになった状態です。このまま放置していたのでは肌は乾燥して老化してしまいます。

人間の体の水分量は多く、人間にとって水はなくてはならないものです。肌が綺麗な方の水分量を見てみるとバランスが取れていて、見た目が綺麗なお肌は実際にも健康的なお肌という事になります。

本来の体質にもよりますが、きちんとしたお手入れをする事によって肌はいくつになっても元気で若々しくいられるもの。化粧水は洗顔によるダメージをカバーする役割と、そして肌本来により水分等の栄養を与える事ができるのです。

化粧水の多くのメーカーは「さっぱり」「しっとり」と基本ありますので乾燥しやすいお肌の方はしっとり系と自分の肌質に合った化粧水を選んでお手入れをしてください。キレイな素肌は水分がとても大切なのです。

水分の整ったお肌はキメしまり肌トラブルを感じません。化粧水によってお肌を乾燥から守り毛穴を引き締めてキメを整える。

そして小じわ防止にもとつながります。オールインワンタイプのスキンケア以外の場合は化粧水の効果を最大に実感出来る為に乳液や美容液をその後に使う必要があります。

 

化粧水とは?

大人の女性であればほとんどの方が使用している化粧水はスキンケアの基本です。あまりお化粧をしない方でも洗顔と化粧水だけは毎日使用するものですね。

洗顔をした洗い立てのお肌に一番に付けるのが化粧水ですね。普段何気なく使用している方がほとんどで、自分の肌に最も合っているのか分らないで使っている方も多いのだとか。

化粧水はお肌にとても大切な働きをしてくれますので、合わない化粧水を使用している方は自分に合う物を探してくださいね。

トラブルのない普通肌の方の場合はどのメーカーの化粧水を使用しても問題なく使えていると思います。

早いうちからのケアって凄く大事になりますので、若くてトラブルのない肌の方でも、近い将来を考えてケアを開始していく方が良いでしょう。

若い頃からのケアが40代、50代になってからの差だとも言われています。気になる所がある場合は徹底的にケアをしていきましょう。

ニキビがあるお肌の場合はニキビが治るまではニキビ化粧水を使う事がベストです。専用の化粧水を長い間使用しているのに効果を全く感じていない場合は合ってない可能性もありますので見直してみましょう。

化粧水のメーカーは数えきれないほどあります。トライアルセットを販売している所も多いですのでお得な価格で試せるトライアルは旅行にもとても便利ですので、口コミなどを参考に探してみてくださいね。